住宅のリフォームはいくらくらいかかる?平均費用を公開!
説明している男性

住宅のリフォームを検討しているが、一体どのくらいの費用がかかるのかよくわからないという方は多いかと思います。
そこで、戸建て住宅のリフォームにはおおむねどのくらいの費用が必要となるのかをざっくりと説明させていただきます。

全面的に家をリフォームするとなると、水回りや内装や外壁の工事も含まれるため、費用は高額となり、中心価格帯は1000万円から1250万円程度です。
ただし、家の広さや築年数やダメージの状態などによっても異なってくるため、安い場合であれば500万円程度で済む家庭もありますし、より修繕が大変な家であれば2500万円以上必要となる場合もあります。

それぞれの部分のリフォーム費用を順番に見ていくと、まずは外壁と屋根部分の塗装については一般的な2階建て住宅で塗装宴席を200平方メートルとした場合で80万円から150万円程度です。
老朽化が進みひび割れ等が多い場合や、瓦の交換を行う場合などはより高額になる傾向があります。
部屋の内壁の塗装は6畳の部屋であれば5万円から10万円程度、壁紙の張替は4万円から6万円程度かかり、内装に砂壁を使用している場合には更に費用が若干高くなります。

床のリフォームについては、6畳の部屋で換算すると、畳を新しいものに交換する場合は7万円から10万円程度、畳からフローリングへと変えるときは15万円以上、フローリングを張り替える場合は8万円程度の代金が掛かります。
床にかける料金を抑えたい場合には、畳を裏返しして使用するという方法もあり、この方法であれば1万円から3万円程度で済ませることも可能です。
フローリングの床であればワックス材を上から塗装するだけでもかなり綺麗にすることができますし、ワックス材のみ使用する場合は3万円程度で施工できます。

最もリフォーム代金が高額になりやすいオプションとしては、建物の増築が挙げられますが、建物を増築する場合はその部屋数や広さに応じて必要経費が異なります。
例えば、1階部分を増築して8畳程度の部屋を新しく増やすパターンでは、木造建築なら一坪あたり約70万円、鉄筋コンクリート建築なら約100万円が相場です。
これらの費用は和室であっても洋室であっても同程度であり、内装にこだわる場合や部屋の増築に加えて設備を追加する場合にはより多くの費用が必要です。
このように、リフォーム費用はオプションにより多少異なりますが、概ねの相場を抑えておくと良いでしょう。

もし千葉近郊に住んでいる場合は、隆建設株式会社の評判が高いです。
千葉のリフォーム専門会社の中でも、施工実績や顧客満足度の高さが非常に良いです。
家の老朽化が著しい場合や、不便さを解消したいという場合はリフォームという手段を検討してみるのも大変オススメでしょう。