住宅のリフォームはいくらくらいかかる?平均費用を公開!
住宅のリフォームはいくらくらいかかる?平均費用を公開! > お得にリフォームしたい・・・そんな時は補助金を活用しよう!

お得にリフォームしたい・・・そんな時は補助金を活用しよう!

リフォームをしたいがなかなか高額な見積もりを見て躊躇してしまっているという方も多いですが、実はリフォームを実施する際にはいくつか活用できる補助金制度があることをご存知でしょうか。自治体や国から出る補助金を有効に利用することができれば、リフォームにかかる費用負担を軽くすることが可能なので、その中でも特に重要な制度について簡単にご紹介させていただきます。

まず、地域型住宅グリーン化事業という事業があり、この事業は長期優良住宅や低炭素住宅と言った省エネルギー性能や耐久性に優れた木造住宅を対象に、新築する場合に補助金が付与される事業です。この地域型住宅グリーン化事業を活用する場合には、一定の性能認定を取得することや地域木材を使用すること、あらかじめ住宅会社が国の採択を受けた事業者グループのメンバーである点などがポイントになりますが、最大で190万円程度の補助金を自治体から支給してもらうことができます。

続いて、次世代住宅ポイント制度という制度があり、こちらの制度は一定の省エネ性やバリアフリー性や耐震性を致す住宅や、家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをする人に対してポイントが発行される制度です。次世代住宅ポイント制度の対象となるリフォーム工事としては、断熱改修工事やバリアフリー改修や耐震改修、インスペクションの実施やエコ住宅設備の設置や家事負担軽減に資する設備の設置などが定められています。発行されるポイントは1戸につき最大で60万ポイントにものぼり、得られたポイントは様々な商品と交換することが可能です。

省エネ改修補助金という制度もあり、この制度は高性能な断熱材や窓などを用いた断熱改修を実施することにより、一定条件を満たす場合に国から補助金が支給される制度です。省エネ改修補助金の対象となるリフォームとしては、断熱パネルを使用した改修や家庭用蓄電システムの導入などが挙げられます。補償額の上限は条件により異なるものの、最大で1住戸あたり200万円の支給を得ることも可能なので、上手く活用できると非常に有利な制度です。このように、リフォームの実施に関してはいくつかのお得な補助金制度が存在しますが、いずれも毎年内容の見直しがされており、必ずしも今後ずっと適応されるという訳ではないことに注意する必要があります。毎年これらの制度の条件は少しずつ異なってくる可能性があるので、常に最新の情報をチェックするようにしましょう。

お得にリフォームしたい・・・そんな時は補助金を活用しよう!を読まれたあなたにオススメの記事