住宅のリフォームはいくらくらいかかる?平均費用を公開!
住宅のリフォームはいくらくらいかかる?平均費用を公開! > リフォームをなるべく安くしたい!そんな方にコツを教えます

リフォームをなるべく安くしたい!そんな方にコツを教えます

リフォームを施工したいが、できる限り費用を安く抑えたいと考えている人は多いのではないでしょうか。そのような方がまず知っておくべきなのがリフォーム減税という制度です。リフォーム減税とは、耐震やバリアフリー、省エネや三世代同居など、通常のリフォームよりも比較的高額な費用が掛かる工事において税金の優遇措置を受けられる制度のことで、有効活用することで毎年の税金を減らすことができます。

リフォーム減税の対象となるリフォーム工事は主に5種類存在し、耐震工事とバリアフリー工事、省エネ工事と同居対応のリフォーム、そして長期優良住宅化リフォームがあり、これらを2種類以上組み合わせて施工することでより高い節税効果を得ることが可能です。そして、リフォーム減税により優遇措置を受けることができる税金の種類も多岐に渡り、所得税や固定資産税に加えて、贈与税や登録免許税や不動産所得税も優遇措置の対象と定められています。リフォーム減税の対象工事を実施して、これらの税金を減らすことによって、家計への負担を安くすることが可能であるため、対象となる工事をする際には必ず利用するようにしましょう。

また、安くするための方法としては、リフォーム会社との費用交渉も非常に重要なので、そのコツについても少しご紹介させていただきます。まず、依頼するリフォーム会社は1つに始めから決めてしまうのではなく、気になる会社を何社か訪問して具体的に見積もりを提示してもらうのがポイントです。複数のリフォーム会社に見積もりを依頼すると、同じ敷地面積や施工条件であってもそれぞれの会社で費用が異なってくるため、その中でも特に安かったリフォーム会社の見積書を中心に検討を進めるのがコツです。

初期の見積もり価格は強気の価格設定になっているケースがあるため、最も安かった業者の見積書を持参して他のリフォーム会社を訪問して費用交渉を行うことで、始めに提示された見積もりよりも費用を安くすることができる場合が多々あります。単純に安くしてほしいと費用交渉をするよりは、他のリフォーム会社の具体的な見積書がある方が、リフォーム会社も自社に依頼してもらいたいのでより真剣に費用交渉に臨んでもらえることが多いです。このように、リフォームを依頼する際にはリフォーム納税を活用できる場合は必ず活用することと、見積もりは数社に依頼してその後の費用交渉に活用することが、費用を安くするためのコツです。

リフォームをなるべく安くしたい!そんな方にコツを教えますを読まれたあなたにオススメの記事