住宅のリフォームはいくらくらいかかる?平均費用を公開!
住宅のリフォームはいくらくらいかかる?平均費用を公開! > 住宅を自分でリフォーム!?DIYのコツや費用を大解説

住宅を自分でリフォーム!?DIYのコツや費用を大解説

DIYの文字

マイホームのリフォームをしたいが、専門の業者に依頼すると費用が高額になってしまうので、なんとか自分でリフォームできないかと考えている人におすすめなのが、DIYです。DIYを今までやったことがないとう初心者の方でも、実はコツさえつかめば誰でも気軽に挑戦することができるので、そのコツや費用についてご紹介させていただきます。

まずは、自分のお部屋をどのようにリフォームした以下のイメージを膨らませることが最初のステップです。あまりイメージが具体的に湧いてこないという人は、インターネットなどで検索するとDIYによるリフォーム事例をたくさん掲載しているようなサイトが沢山見つかるので、そのようなページを見て自分のイメージに合うお部屋を探してみるのもお勧めです。

初心者がまず手を付けやすい場所として、部屋の壁のリフォームがありますが、例えば6畳程度のお部屋の場合、既存の壁に腰壁を設置するのには2万円程度、塗り壁に施工する場合には4万円程度の費用がかかります。既存の壁に腰壁を設置すると、それだけでお部屋の雰囲気をガラリと変えることができるため、気軽に雰囲気を大きく変えたいという人には特におすすめです。腰壁の材料としては、木製やパネル状のものやクッションシート状のものなど様々な素材があるので、それぞれの特徴を踏まえて自分の部屋に合うものを選択する必要があります。耐久性の高さを求める場合には頑丈な木製の材料、簡単に張り付けられるものを使用したい場合にはあらかじめシート状になっているクッションシートなどを選択すると、作業が楽です。腰壁を設置する範囲によっても部屋の印象が変わるので、全体的に大きく変化させたい場合にはより高い位置まで施工するのが良いですし、ワンポイントでさりげなくイメージチェンジをしたい場合は低めに施工するのがコツです。

床についても比較的DIY初心者がリフォームしやすい場所であり、例えば既存のフローリングの床の上にクッションフロアを設置する場合は、6畳のお部屋で1万円前後で施工できます。専門業者に依頼するよりもかなり費用の節約にもなりますし、一度施工した後で他のクッションフロアに変更するのも簡単なので、材料店を見に行ってみてお気に入りの柄を見つけると良いでしょう。難しそうに見えるDIYも、事前にイメージを考えてから材料を選択することで、比較的簡単に安価な費用で挑戦することができます。

住宅を自分でリフォーム!?DIYのコツや費用を大解説を読まれたあなたにオススメの記事